手作りのトートバッグならではのメリット

トートバッグのメリットは、必要なものを運べるだけの容量と丈夫さを兼ね備えているので、持ち歩いていてもバッグが壊れるという心配がありません。例えば教科書や参考書などの重たい書物を数冊入れたとしましょう。デザイン重視のおしゃれなバッグですと縫い目や布に負荷がかかり、バッグが壊れる恐れがあります。また大きいものでもスポッと入れられるメリットがトートバッグにはあります。そもそもトート(tote)は「運ぶ、携帯する」の意味があり、元々は米国のL.L.Bean社が開発した氷運搬用のバッグでした。冷蔵庫がなかった時代は、食品の低音を保つために氷を利用していたのです。そのため大きな氷の塊を入れて運べるだけの大きさと丈夫さが必要だったのです。現在のトートバッグでもその機能性は失われておりません。

手作りのメリットは自由な大きさに作れる事

トートバッグはその形状から入れ口が大きく物を入れる時に非常に入れやすいですが、入れる物によっては飛び出したり収まりきらなかったりします。また、どうにか入れても持ち手に手がかからない、そんな事になれば意味がありません。そんな時はご自身で作ってみてはいかがでしょうか。トートバッグを手作りするメリットは、入れたい物の大きさに合わせて自由に作れる事です。持ち手を除くバッグの部分に入れたいものがすっぽりと収まれば、持ち歩く時にも何の不自由はありません。また手作りの時には縦幅や横幅、マチ幅も自由に決められるので、物の収納に無駄がないのです。その結果、物を収めた時にはスッキリとして見える効果もあります。トートバッグはシンプルな形状のため、比較的作りやすいバッグの1つです。

手作りのメリットは好きなデザインで作れる事

好きなデザインで作れる事も手作りの魅力の1つです。いくら丁度良いサイズのトートバッグでもデザインが気に入らなければ使う気になりませんからね。本来は丈夫が基本だったトートバッグですが、今ではエコバッグなどナイロン製の軽くて薄い素材のトートバッグまで様々な生地がありますので、ご自身が入れたい物やトートバッグそのものの携帯性を考えて生地を選べるメリットがあります。また生地の色もお好きなものを選ぶ事ができます。2色使いのデザインが多いトートバッグですから、その配色に貴女のオリジナリティを出してみましょう。また外側にポケットを配置したり、内側に仕切りを作ったりと自由なアレンジが出来るのもトートバッグを手作りするメリットの1つです。ポケットをアクセントデザインにするとグッとオシャレ度が上がりますよ。