手作りのトートバッグが持つ魅力

手作りのトートバッグを利用してみませんか。本体の部分はまわりを縫うだけですし、持ち手の部分をとりつけるだけで簡単に作れます。大きさも自分の好きなサイズにできますし、バッグインバッグとしての利用も便利です。布を購入するときにお店でカットしてもらえば、自分でカットする手間も省けますし、まっすぐに縫うだけですから簡単です。布地の厚みが違うだけで全く違う印象になるのがトートバッグのメリットですから、シーズンごとに作り替える楽しみもあります。バッグとしてはファスナーやマチがない分、購入したものや持ち物をいれることができますし、少々しわになっても問題ありません。プレゼントの包装としても利用できますし、ちょっとしたお出かけにもぴったりです。

手作りならビニール袋よりもおしゃれです

手作りのトートバッグを持つメリットとしてはエコ袋として利用できるところです。素材がコットンや麻といった軽くて薄いものを使えば、野菜やパックのお肉や魚もそのまま入れられます。汚れたら普通にお洗濯をすればきれいになりますし、レジ袋をもらわずに済むのでエコにもなります。軽くて持ち運びがしやすいのでカバンの中に折りたたんで入れておけば、お土産をもらったときや買い物をしたときにも活躍してくれます。ビニール袋を持つよりも中身が見えないので安心ですし、いかにも買い物をしてきましたというショップバッグをもっているよりも、シンプルで機能的です。帆布で作ればより丈夫で長持ちしてくれますし、シンプルなデザインと鮮明なカラーが目を引きます。大きめに作れば大容量で入れられますし、小さめに作ればちょっとそこまで出かけるのにぴったりです。

上品でカジュアルなものを普段使いにしてみる

トートバッグはオフィスやプライベートにも活躍してくれます。丈夫な帆布は特に悪天候の時でも形が崩れたりせず、しっかりと中身を守ってくれます。収納力があるのでテキストや書類をたっぷりと入れられますし、ポケットがたくさんあるのでいろいろなものを機能的にしまっておくことができます。布なので軽いですし、老若男女問わず利用できる気軽さも魅力です。1つあれば家族全員で利用できます。オーガニックコットンのものやファスナーがついているエディターズトートも人気です。お弁当サイズからA3サイズまでバラエティ豊かです。手作りに慣れてきたら、蓋つきのトートやマチ付きのトートを作るのもおすすめです。手染めの布を使って作ればオリジナリティあふれる逸品になりますし、使えば使うほど愛着が湧いてきます。